新城福祉会職員の新型コロナウイルス感染者の発生について、
8月2日(火)、新城福祉会職員1名が新型コロナウイルスに感染したことが判明しました。

1 対象職員
(1) 概要
年 代:50歳代
性 別:女性
職 種 :生活支援員
居 住 地:新城市
主な症状:咽頭痛 発熱
(2) 経過
7/28(木)通常勤務
7/29(金)通常勤務
7/30(土)同居家族、夜、発熱。当該職員も咽頭痛あり。
7/31(日)同居家族、当該職員ともに休日診療所受診、PCR検査受検。
8/1(月)PCR検査にて同居家族の陽性が判明。当該職員は陰性。濃厚接触者として自宅待機。
8/2(火)濃厚接触者として自宅待機。夕方、発熱にて市内クリニックを受診。抗原検査にて陽性が判明。
8/3(水)新城保健所の指示で陽性者として10日間(8/10まで)自宅療養となる。

2 感染経路
同居家族から感染。

3 今後の対応
(1) 当該職員の濃厚接触者は、新城福祉会の利用者、職員にはいません。
(2) 当該職員が勤務する事業所については、既に消毒を完了しています。
(3) 当該職員は保健所の指示で8月10日(水)まで自宅療養します。

4 その他
(1) 感染した職員が在籍する事業所で、現在、他に新型コロナウイルス特有の症状を訴えている利用者、職員はいません。
※ 職員及び御家族への人権尊重・個人情報保護に御理解と御配慮をお願いします