「事業内容紹介」

「ともに働き、ともに学び、ともに生きる」

大空にかかる七色の「虹」は、多様な個性がその命の有り様の違いを認めながら、ともに助け合い、支え合って生きてゆくことの象徴です。
私たちレインボーはうすは障がいという個性も含めて、さらに多様な個性が出会い、ともに活動する中で、この新城の地にふさわしい共生のあり方を実現していきたいと考えています。

「レインボーはうす」

生活介護定員24名
常時介護を要する障がい者に、主として昼間において、生産活動又は創作的活動の機会、入浴、排泄又は食事の介護の提供等の便宜を供与する事業です。
就労移行支援定員6名
就労を希望する障がい者に、生産活動その他の活動機会を通じて、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練その他の便宜を供与する事業です。
就労継続支援B型定員10名
一般企業での就労が困難な人に、働く場を提供するとともに、知識及び能力の向上のために必要な訓練を行います。
ジョブコーチ
ジョブコーチ事業では、障がい者の「働く力」、事業主・家族の「支える力」を最大限に引き出すための支援を行います。

東三河北部 障害者就業・生活支援センター ウィル」

障がいのある方の働きたい!!をサポート。地域で安心して働ける・安心して暮らせる・そんな生活の実現をお手伝いしています。

  • 障がいのある方の就職相談から職場定着についての支援
  • 在職中の障がいのある方の職場や生活についての相談や支援
  • 障がいのある方の雇用を考えている企業からの相談
  • 障がいのある方を雇用している企業からの相談や支援

    ※各種関連機関と連携し、必要な支援をお手伝いします。

「居宅介護事業所」

ヘルパーがご家庭に訪問してご要望に応じて身体介護・家事援助・通院介助を行います。
身体介護区分1以上の方利用可
ご家庭に訪問し、入浴、排泄、食事などの介助を行います。
家事援助区分1以上の方利用可
ご家庭に訪問し、調理、洗濯、掃除などの生活の援助を行います。
通院介助区分1以上の方利用可
通院介助をします。通院に加え、公的手続き又は相続のための官公署への用務についても支援します。

移動支援区分制限なし
外出の支援を行います。官公庁や銀行の公共機関への用務など、社会生活上不可欠な外出、及び余暇活動などの社会参加のための外出支援を行います。
行動援護
区分3以上で行動援護対象の方
自閉症・てんかん発作のある方など重度の知的障がい者や統合失調症などの精神障がい者で、常時見守りや危険回避が必要な人に、個別に行われるサービスです。
重度訪問介護
区分4以上で重度訪問介護対象の方
入浴、排泄、食事、外出時などの介助を総合的に行います。
同行援護
・身体介護を伴わない場合(区分制限なし)
・身体介護を伴う場合(区分2以上)
視覚障害により、移動に著しい困難を有する方に同行し、移動に必要な情報を提供するとともに移動の援護を行います。

「サポートホーム」

共同生活援助

家事等の日常生活上の支援、食事・入浴・排泄等の介護、日常生活における相談支援、日中活動に係る事業所等の関係機関との連絡調整を行います。
サポートホーム
第2しんしろ
定員11名
サポートホームほうらい
定員8名


サポートホーム

「短期入所事業所矢部ホーム」

ご家族の身体的・精神的負担の軽減、ご家族が病気や冠婚葬祭、仕事、旅行などで一時的に介護ができない場合、また緊急一時的に居住支援が必要な場合などに利用できるショートステイです。
定員1名 矢部ホーム

「新城市障害者相談支援事業所レインボーはうす」

安心して自立できる暮らしづくりに、相談支援専門員がお手伝いします。

  • 福祉サービスの相談や申し込みのお手伝いをします。
  • 社会資源を活用するために必要な助言や情報をお知らせします。
  • 社会活動を高めるための助言や指導をします。
  • 虐待を防いだり、早く見つけるために関係機関との連携をとります。
  • 権利を守るために必要な援助をします。
  • 専門機関を紹介します。

「西部福祉会館」

生活介護 定員20名
常時介護を要する障がい者に、入浴、排泄及び食事等の介護、創作的活動又は生産活動の機会の提供、その他の身体機能又は生活能力の向上のために必要な援助を行います。
西部福祉会館1 西部福祉会館2
地域活動支援センター 定員10名
創作的活動や生産活動の機会を提供し、社会との交流促進等の活動を実施します。
【対象者】
社会参加の機会を希望される方で、新城市に利用申請をし、支給決定を受けた障がいのある方。
西部福祉会館3 西部福祉会館4
高齢者ふれあい相談センター
地域の高齢者やその家族からの相談に応じ、必要な保健・福祉サービスが受けられるように行政機関・サービス提供機関・居宅介護支援事業所等との連絡調整を行います。お気軽にお電話下さい。
【対象者】
おおむね65歳以上の要援護高齢者及び要援護となるおそれのある高齢者並びにその家族及び親族。
西部福祉会館3
地域交流活動のための会館管理運営
地域交流の場、その他地域の活性化事業のために、会館の相談室、会議室、研修室及び和室の貸し出しを無料で行います。利用希望の方は、電話申込のち、利用時に申請書をご提出いただきます。
西部福祉会館3 西部福祉会館4